読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟 駿 詩。

自作の歌の歌詞を、綴っています。

天井裏のヒーロー

作詞・作曲  轟  駿

 

 

 

時が経てば  この思い出も

 

消えるかな  胸は  痛いし

 

 

君の声  聴こえるたびに

 

倒れそうだ

 

これは  罠か

 

 

今日は  雨の一日

 

叶うなら、、、

 

 

僕が  傘を持つから

 

君は  その下で

 

降り続く  雨が止むまで

 

頼りない  この傘  頼って欲しい

 

 

紫陽花が  綺麗なとこ

 

僕が  連れてってあげる

 

君は  花びらに見惚れて

 

「幸せよ」って  

 

呟いた

 

 

時が経って  消えない  痛み

 

君の声  近くて  遠い

 

暗がりを  抜け出したなら

 

君に会える? 

 

気付いて欲しい

 

 

世界を  見下ろすのは

 

飽きたのさ

 

 

今日は  晴れているけど

 

僕は  傘を持つ

 

いつ  君に  雨が降っても

 

いつでも  駆けつけてあげるから

 

 

僕は  小さなヒーロー

 

君を  お守りするよ

 

その  素敵な笑顔は  もう

 

誰かのものに  なってるの?

 

 

 

世界が  こんなに

 

光で  溢れてるなんて

 

知らなかったよ

 

 

でもね  いざ  雨の時

 

走ってゆくけれど

 

君のもとへ  たどり着けずに

 

踏み潰されそうに  なるんだよ

 

 

だから  やっぱり僕は

 

天井裏のヒーロー

 

心に  傘を  届けるよ

 

君のもとへ

 

今度こそ

 

雨と香水のにおい

作詞・作曲  轟  駿

 

 

 

冷たい  冷たい

 

雨のにおいは

 

むせ返る

 

ナイフの残骸

 

 

君と  僕の間に

 

生ぬるい  空気

 

散りばめて

 

 

眠たい  眠たい

 

夢の終わりは

 

後ろ姿の  君を

 

抱いて  抱き壊して

 

砂のように  流れて  消える

 

 

その時だけのにおい

 

思い出の中で

 

ねぇ  生きていて、、、

 

狂おしいほど

 

 

雨と香水の

 

淫靡で  甘美な

 

この世界

 

雨と香水の

 

地球に  良く似た

 

青  青

 

 

 

その時だけのにおい

 

思い出の中で

 

ねぇ  生きていて、、、

 

狂おしいほど

 

 

雨と香水の

 

淫靡で 甘美な

 

この世界

 

雨と香水の

 

地球に 良く似た

 

青 

 

 

雨と香水の

 

淫靡で 甘美な

 

この世界

 

雨と香水の

 

地球に 良く似た

 

青  青

 

 

雨と香水の

 

淫靡で 甘美な

 

この世界

 

雨と香水の

 

地球に 良く似た

 

青  青  青  青、、、

君の中

作詞・作曲  轟  駿

 

 

 

愛してるよ  今までずっと 

 

君だけを  抱きしめて

 

どこかへ  行ってしまわないように

 

願ってた  あの夜も

 

 

きっと

 

不安なんて  無くて

 

このまま  僕だけのものだと

 

約束さえも

 

出来ずに

 

 

手を繋いで  歩いている

 

何気ない  この瞬間(とき)が

 

君と僕の  永遠になればいいのにな

 

ぬくもりも

 

 

だけど

 

君にとって  僕は

 

誇れるものなど  何も無い

 

ただ  笑い合える  人なのか

 

 

君の中へ

 

連れて行って

 

君の中で

 

閉じ込めてよ

 

君の中は

 

夢より  愛おしい

 

醒めることのない

 

アルコール

 

 

 

夢より先に  

 

消えた

 

どこか遠くに

 

消えた

 

 

 

君の中で

 

消えていって

 

君の中で

 

忘れられて

 

僕の匂い

 

何も  残らずに

 

君は  僕のもとを

 

去ってゆく

 

 

 

誰もいない

 

君の中

 

雨のように

 

降り続いた

 

この想い

 

濡れたままで

 

今でも

 

残るよ 

 

 

 

遠く  遠く

 

離れたまま

 

叶わない

 

二人の夢 

 

二度とは

 

戻れない

 

 

君の中で、、、

娼婦

作詞・作曲  轟  駿

 

 

 

彷徨う 私

 

いつもと同じ服

 

胸元を見せ

 

愛想笑い

 

 

傷付くことも

 

汚(けが)れることもみな

 

今は忘れて

 

抱かれていよう

 

 

手慣れたものさ

 

愛など要らない

 

夜明けの夢を、、、

 

 

ねぇ

 

踊れない  踊り子

 

その目に  映る姿は

 

綺麗な心を隠す

 

lonely  shadow

 

 

ねぇ

 

私の  体の  匂いを

 

覚えていてね

 

もう

 

会うことは無いけど

 

あなたに

 

Not love  not  kiss  please.

 

 

彷徨う  私

 

乱れ切った服に

 

気も留めないで

 

次の人へ、、、

 

 

手慣れたものさ

 

愛など知らない

 

月夜のdevil

 

 

ねぇ

 

私  このまま

 

目をつぶり  何も見ない

 

あなたは そのまま  早く

 

embrace me...

 

 

ねぇ

 

私の  体の  匂いを

 

覚えていてね

 

もう

 

会うことはないけど

 

あなたに

 

Not love not kiss please.

 

 

あなたと

 

私の

 

ひと時の炎

 

高鳴る

 

偽りの華よ

 

 

踊れない  踊り子

 

その目に  映る姿は

 

綺麗な心を隠す

 

lonely  shadow

 

そう

 

素晴らしき明日を

 

夢見て

 

行きずりの華

 

咲かせて

 

朽ち果てるまで

 

あなたに

 

Not love not kiss please.

サンタクロースは死んだ。

作詞・作曲  轟  駿

 

 

 

サンタクロースは死んだ。

 

深い森の中

 

朽ち果てた

 

サンタクロースは死んだ。

 

夢の無い暮らし  

 

飽き果てた

 

 

どういうことか  教えて

 

どういうことなのか

 

テレビで賑わう  聖なる夜

 

私は一人きりで、、、

 

 

叶えてよ  届けてよ

 

聴こえない  ジングルベル

 

凍える夜に  愛溢れてる

 

置いてかないで

 

 

叶えてよ  届けてよ

 

聴こえない  ジングルベル

 

願いを抱いて  最終列車

 

私はどこへ、、、

 

 

サンタクロースは死んだ。

 

雪に埋もれてる  プレゼント

 

サンタクロースは死んだ。

 

トナカイは  夢を  踏んづけた

 

 

どういうことか  教えて

 

どういうことなのか

 

星降る銀河の  聖なる夜

 

真っ暗闇と  遊ぶ

 

 

叶えてよ  届けてよ

 

聴こえない  ジングルベル

 

だんだん消える  キャンドルの灯が

 

連れてかないで

 

 

叶えてよ  届けてよ

 

聴こえない  ジングルベル

 

輝いている  電飾世界

 

流れるメロディ

 

 

♩ジングルベル  ジングルベル 

鈴が鳴る

 

森のリズムに  光の輪が舞う

 

ジングルベル  ジングルベル

鈴が鳴る

 

森に  林に  響きながら♩、、、

 

 

そんな歌なんて  知らない

 

私は  歌えない

 

甘くて  切ない  聖なる夜

 

もう  何も無い

 

何も

 

 

叶えてよ  届けてよ

 

聴こえない  ジングルベル

 

凍える夜に  愛溢れてる

 

置いてかないで

 

 

叶えてよ  届けてよ

 

聴こえない  ジングルベル

 

願いは消えた  夜は終わった

 

私は一人

 

 

ジングルベル

 

鈴が鳴らない

 

ジングルベル

 

楽しい夜さ

 

ジングルベルは

 

聴こえない

 

 

ジングルベル

 

鈴が鳴らない

 

ジングルベル

 

楽しい夜さ

 

ジングルベルは

 

聴こえない

一匹ポニー

作詞・作曲  轟  駿

 

 

 

もう何も無いよ  

 

流れる  空っぽの涙と

 

夢の抜け殻  

 

腕の中で  壊れてしまう

 

 

夜は  ただ  優しく  

 

物言わぬ  母のよう

 

傷だらけの  心に  

 

気付いて

 

 

こんなに  綺麗な  

 

青空があるのに

 

きたない  きたない  

 

ビルが邪魔している

 

あんなに  夢見た  

 

世界は幻

 

報われない世界  

 

走り続けてきた

 

 

 

あなたの為に  唄うよ  

 

例え  届かなくても

 

ありったけの愛で

 

ラブソングを

 

唄わせておくれよ

 

 

最期まで  孤独さ  

 

誰もいない  この道

 

振り返るな  

 

そこには  何も無い

 

 

こんなに  綺麗な  

 

星空があるのに

 

きたない  きたない  

 

ビルが邪魔している

 

あんなに  夢見た  

 

世界は幻

 

報われない世界  

 

唄い続けてきた

 

 

 

この想いは

 

このカラダは

 

どんな夢も  

 

叶えられる

 

輝いている

 

輝いている

 

叫んでいる

 

命  ある限り

 

 

夜が来る  残酷に  

 

さぁ  その牙を見せろ

 

振り返るな  

 

そこには  戻れない

 

 

太陽が笑った  もう  目の前なんだ

 

きたない  きたない  

 

ビルを飛び越えていく

 

あの頃  感じた  世界が  あるなら

 

報われなくていい  

 

走り続けてやる

 

 

雨に打たれ

 

向かい風の中を

 

走ってゆく

 

僕は

 

一匹ポニー