読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟 駿 詩。

自作の歌の歌詞を、綴っています。

一匹ポニー

作詞・作曲  轟  駿

 

 

 

もう何も無いよ  

 

流れる  空っぽの涙と

 

夢の抜け殻  

 

腕の中で  壊れてしまう

 

 

夜は  ただ  優しく  

 

物言わぬ  母のよう

 

傷だらけの  心に  

 

気付いて

 

 

こんなに  綺麗な  

 

青空があるのに

 

きたない  きたない  

 

ビルが邪魔している

 

あんなに  夢見た  

 

世界は幻

 

報われない世界  

 

走り続けてきた

 

 

 

あなたの為に  唄うよ  

 

例え  届かなくても

 

ありったけの愛で

 

ラブソングを

 

唄わせておくれよ

 

 

最期まで  孤独さ  

 

誰もいない  この道

 

振り返るな  

 

そこには  何も無い

 

 

こんなに  綺麗な  

 

星空があるのに

 

きたない  きたない  

 

ビルが邪魔している

 

あんなに  夢見た  

 

世界は幻

 

報われない世界  

 

唄い続けてきた

 

 

 

この想いは

 

このカラダは

 

どんな夢も  

 

叶えられる

 

輝いている

 

輝いている

 

叫んでいる

 

命  ある限り

 

 

夜が来る  残酷に  

 

さぁ  その牙を見せろ

 

振り返るな  

 

そこには  戻れない

 

 

太陽が笑った  もう  目の前なんだ

 

きたない  きたない  

 

ビルを飛び越えていく

 

あの頃  感じた  世界が  あるなら

 

報われなくていい  

 

走り続けてやる

 

 

雨に打たれ

 

向かい風の中を

 

走ってゆく

 

僕は

 

一匹ポニー