轟 駿 詩。

自作の歌の歌詞を、綴っています。

雨と香水のにおい

作詞・作曲  轟  駿

 

 

 

冷たい  冷たい

 

雨のにおいは

 

むせ返る

 

ナイフの残骸

 

 

君と  僕の間に

 

生ぬるい  空気

 

散りばめて

 

 

眠たい  眠たい

 

夢の終わりは

 

後ろ姿の  君を

 

抱いて  抱き壊して

 

砂のように  流れて  消える

 

 

その時だけのにおい

 

思い出の中で

 

ねぇ  生きていて、、、

 

狂おしいほど

 

 

雨と香水の

 

淫靡で  甘美な

 

この世界

 

雨と香水の

 

地球に  良く似た

 

青  青

 

 

 

その時だけのにおい

 

思い出の中で

 

ねぇ  生きていて、、、

 

狂おしいほど

 

 

雨と香水の

 

淫靡で 甘美な

 

この世界

 

雨と香水の

 

地球に 良く似た

 

青 

 

 

雨と香水の

 

淫靡で 甘美な

 

この世界

 

雨と香水の

 

地球に 良く似た

 

青  青

 

 

雨と香水の

 

淫靡で 甘美な

 

この世界

 

雨と香水の

 

地球に 良く似た

 

青  青  青  青、、、